必読のビジネス書も「Amazonプライム」に入るだけで、超お得に読むことできる!

ビズネス書とか色々読んでみたいけど、お小遣いの範囲ではそんなにたくさんの本を買うことができない。

もっと本が安かったらたくさん読むことが出来るのに。。。

そんなビジネス・パパ・パーソンへ向けた記事になります!

 

その悩み、たった一つの方法をとるだけで一気に解決する可能性があります!

そう!Amazonプライムを利用するのです!そうすると月に数百冊の本を読み放題にすることが出来るんです!

必読のビジネス書も「Amazonプライム」に入るだけで、超お得に読むことできる!

 

本屋にはたくさんのビジネス書が陳列されていて、どれを選べばいいのか分からないくらいの沢山の書籍があります。それはもう情報の海と呼んでもいいくらいに多くの本が出版されていますよね。

 

しかし、自分のお小遣いのことを考えると、書籍代として捻出できるのは月1冊か2冊がいいところではないでしょうか?

ビジネス書は数冊買うだけで軽く5000円くらいに

文庫本は500円前後で買うことができて比較買いやすいですけど、ビジネス書って結構高いですよね!

本にもよりますが1冊1000〜1800円くらいのものが多いように感じます。それを月に数冊買うとなると一瞬で5000円なんて超えてしまいます。

1500円の本を3冊購入した場合

 

1500円×3冊×1.08=4860円

 

サラリーマンの平均的なお小遣いは38000円ほどだそうなので、本を3冊買うとお小遣いの約1/7が無くなることに!

サラリーマンの平均お小遣い38000円って高っ!という感想は置いておいて、お小遣いが2万円の僕にとっては約5000円の書籍代は大出費!大変なことであります。

こてつ

たくさんの本を読み漁りたいのに、、、お小遣いがなくなっちゃうよ

内容に満足できるどうかは読了するまでわからない

当たり前のことではありますが、買った本に満足できるかどうかは本を読み終えるまでわかりません。当たり前過ぎたのでもう一度言います。本を読み終えるまでその本が自分にとって役にたつかどうかわからないのです。

 

もしかしたら読み終わったとしても、良い内容だったかどうかはわからないかもしれません。

そういう場合には、満足できそうな本を選ぶ目を養うべきかとは思いますが、その目を養うまでにいくらかかるのでしょうか?小さなジャブでも打たれ続けるのは辛いものがあります。

 

なるべくノーリスクでいい本を選ぶ目を養いたいところですよね。

Amazonの「Prime Reading」なら数百冊の本を読むことが出来る

良い本を選ぶには、失敗をある程度繰り返さないと見る目は養われません。

しかし、少ないお小遣いでは試行回数が少なくて、本を見る目を養いにくい。

 

そんなジレンマを解消するのがAmazonプライムの特典のひとつ「Prime Reading」というサービスなのです!

「Prime Reading」で数百冊の書籍を読み放題で楽しもう!

Prime Readingとは、Amazonプライム会員になっている方が対象の書籍の読み放題サービス!

商品画面にプライムのマークと「無料でお読みいただけます」の表示が出ているものなら、kindleにダウンロードしてすぐに楽しむことができます!

参考:プライム会員なら無料で読めます!

Prime Readingに対応している書籍だけを検索して見ると現時点(2019.02.11時点)では約900冊の本を無料で読むことができます!

Amazonプライム会員費の年3900円で900冊の本を読めると考えたら、ものすごくお得ですよね!心からすごいと思っています!

ベストセラーも多数ラインナップ

こういう読み放題のサービスって結構ショボいものが多かったりしますが、安心してください、ベストセラー入ってますよ!

読むことが出来るベストセラー
  • 多動力
  • LOVE理論
  • 仕事は楽しいかね?
  • 鬼速PDCA
  • マーケティングリサーチとデータ分析の基本
  • 残酷すぎる成功法則

※2019.02.11時点の情報です。

以上のタイトルの他にも多くのベストセラー本が入っています。

それが年3900円だけで、月々に直すと月300円ちょっとで楽しくことが出来る。

超がつくほど破格のサービスがPrime Reading」というものなのです!

 Prime Readingをチェックしてみる

僕らはもうお金をつぎ込まなくてもいいのかもしれない

どうでしょうPrime Readingは。。。

もしかしたら僕たちはもう書籍代に多くのお金をかける必要がないのかもしれません。

Prime Readingがあれば結構な量の本を読むことができ、自分にとって有益が情報をコスパよく吸収することが出来るのですから。。。

最新の書籍は無料ではないというデメリットも

しかし、Prime Readingは万能ではなく、最新の書籍は無料で読むことができないという欠点を持っています。

それを踏まえると必ずしもPrime Readingを利用することがお得とは言えませんが、すでに他のAmazonプライムのサービスを利用しているなら使わない手はありません。

Amazonプライムは本だけではなく、音楽も聴き放題、動画も見放題の神サービスなのですから。

こてつ

結局読みたいのは新書だったりするんだよね!でもAmazonプライムのコンテンツは充実しすぎ!

Kindle Unlimitedに入れば130万冊以上が読み放題に!!

もしもAmazonプライムに入ってPrime Readingを見たけど物足りなさを感じた場合には「Kindle Unlimited」というサービスに入るという手もあります!

 

Kindle Unlimitedは月額980円で数十万冊の書籍が読み放題になるというサービス!

出典:Amazon

Prime Readingでは数百冊がサービス対象だったものが、Kindle Unlimitedでは和書だけで10万冊以上が読み放題に

読み放題の規模がハンパじゃないですね!読みつくせないくらいあります!

Kindle Unlimitedはお試しで登録して様子見するのがいいかも

僕は30日間の無料登録期間を使ってKindle Unlimitedを試してみましたが、正直いうと、Prime Readingで十分かなーと思いました。

 

確かに本のタイトル数は無限に感じるくらい多いけど、自分の読みたい本があるかどうかでいうと微妙です。

ですので、30日間の無料登録をすることが可能であれば、自分の読みたい本があるかどうか確かめた上でサービスを継続するかどうか決めたいところ!

読みたい本があれば登録しない方が圧倒的に損!

もしPrime Readingに読みたい本があったとしたら、サービスに登録しないほうが圧倒的に損というもの。

 

読みたい本をお金を払うことなく読了することが出来るんですから、それをしないだなんてもったいない!

出来るだけ節約しつつ、インプット量を増やしていくためにも、効率的かつ倹約的に情報を仕入れるようにしたいですね。

 Prime Readingをチェックしてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA