本当の安定に近づくためにはサラリーマンは「副業(複業)」をするべき!

今の職場でずっと働く自信がない。ずっと働けたとしても今の職場があるとは限らない。

安定が欲しいけど、会社勤めだけでは不安。。。

でも、どうしたらいいかわからない。。。

そんなサラリーマンの方は多いのではないでしょうか?

今は変化が非常に激しい時代。ひと昔前は一つの会社で長く働くことが当たり前で下が、今はそういう常識が今は通用しなくなっていますよね。

 

特に最近は複数の仕事を掛け持ちする「副業(複業)」が注目されていることで、副業に関心が出てきた人も多いはず。

 

かくいう私もその一人で、今は副業のブログにより月数万円の副収入を得ることが出来ています。

こてつ

少ないながらも年間で数十万の収入になってます!

 

月数万円の収入を得た経験からわかったのは、

サラリーマンは副業をすることで本当の安定に近づくことができる

ということ。

 

今回はサラリーマンが本当の安定を得るために副業をするべき理由をお伝えします!

「サラリーマン+副業(副業)」が本当の安定に近づける

今の時代、一つの会社に居続けるという価値観に大きな変化が起きています。

昔は一つの会社で長く勤めることが美徳とされていた雰囲気があったようですが、今はそれよりも「自分が社会に対して何が出来るか?どんなビジョンに向かって仕事をするか」が重視されているように感じています。

 

そんな変化の激しい中で安定を保つというのは非常に難しいですよね。

どうしたらいいのかわかりませんし、どうすればいいのかわかる人なんていないのかもしれません。

 

しかし、そんな中でも安定を保つためには本当の安定を追求する必要があるのは間違いないと思います。

本当の安定は「変化に適応できること」

本当の安定とは何か?単純明快に、ズバリお答えします。

変化に対して、柔軟に適応できること

これだけだと考えています。

 

もう少し仕事に近づけた言い方をすれば「どこでも働ける人であること」と言ってもいいのかもしれません。

どんなところでも働けるスキル、どんな人とも仕事をこなせる能力を持っているとしたら、会社が倒産しようが、急に解雇されようがなんとでもなります。

一つに依存しているのは不安定

逆に不安定な人というのは「ひとつのことに依存している」ということがあります。

 

一つの職場でしか働く自信がない。

一つの職種しかやったことがないし、他の職種をこなせる自信がない。

 

自分ができることが少なければ少ないほど、一つの仕事に依存してしまい、結果として他の会社では通用しない人になってしまいます。

最終的にはどんな人でも働き口はあるかもしれませんが、生活水準を保つことは難しいでしょう。

副業をして月10万の稼ぎがあれば、どこでもいける

では社会的な安定を手に入れるためにはどうすればいいでしょうか?

 

私がオススメしたいのは「本業+副業」で、本業以外のところから収入を得ることです。

 

想像してみてください。今の収入以外に毎月10万円のあったら…。

毎月10万円を稼ぐことが出来たら、たとえどんな安い給料の会社で働いたとしても暮らしていけますよね。

たとえバイトだけやっていても、なんとか困らない程度に暮らせるでしょう。

 

毎月10万円を本業以外で稼ぐことが出来たなら、自分の自由度が、社会的な安定力が確実に上がります!!

 

その理由も解説していきます!

いつでも辞める覚悟が持てる

毎月の収入が本業以外にあることで、自分は他の仕事でもやっていける!そういう自信をつけることが出来ます。

 

複業しない状態では一つの収入源しかないため、会社からの評価に怯え、上司や同僚の評判を気にしたりと、他人の目を気にしてしまいがちです。

しかし、複業をしていると収入源は会社だけではないので、些細な評判を機にする必要がありません。

 

なので、ブラックな企業では「お前の代わりなんていくらでもいるんだぞ!」「飲み会は強制だ!参加できないなら辞めてしまえ!」などという問いに対して、「はい、じゃあ辞めますね」という回答をすることのハードルが下がるのです。

これまで以上の発言力を持つことができる

複業での収入があることにより自信を持つことができるので、会社内での発言力も自然と高まります

 

複業での収入がない状態では会社内の評判がすべてなので、他人の目が気になり、下手な発言ができないのです。

もし上司や経営陣の意にそぐわない発言をしてしまったら、社内に居づらくなってしまったり、ひどい場合は昇給がないなどの対応がされてしまうかもしれないからです。

 

しかし、複業での収入があればいつでも辞めれる状態に近づくので、会社内での評判や多少の失敗を恐れる必要がなくなるため、自然と発言力も上がっていきます。

本業での行動力を上げることができる

複業での収入を確保できていれば、「いつでも辞めれる覚悟」「発言力の向上」の副産物として「行動力」がつきます。

 

そもそも複業を行うという選択をして実行をすること自体、結構な行動力を持っている人かと思いますが、本業の中での行動力を上げることもできるのです。

 

それは上記の2項目にも共通している「自信がつく」ことの他に、「自分が何のために仕事をしているか」を考えることできるようになるためです。

 

人の目を気にして仕事をするのではなく、自分は何のために仕事をするのかを考え、自分は何を成すべきかを考え、実行する。そういうキッカケになるのが複業なのです。

複業での知識を本業に活かすこともできる

さらに、複業をしていれば、本業以外での知識を身につけることが出来ます。

本業だけでは自分の世界観が狭くなりがちで、たまに無力感で心がいっぱいになってしまうこともあるかと思います。

 

複業を行なっていることで視野を広げるばかりではなく、本業だけでは知り得なかった知識や知見を持つことができます。

複業で身につけた知識を本業に活かすことができれば、いままで想像もできなかった成果を出すことだって出来るかもしれないのです。

 

そういったものが結果的に本業で所属している会社内での差別化に繋がり、会社の中でも特異的な存在となることで、自らの存在価値を上げることだって出来るんです!

変化を恐れないで複業への「一歩」を踏み出そう!

人間は変化を嫌う生き物です。

いつもと違うことや、普段しないこと、周りの人と違うことをするのは強く抵抗があるはず。

 

でも、「変化をしないこと」は「環境の変化についていけない」と自分で言っているのと同じ。

 

これまでの地球の歴史をみても変化に対応できないものから消えてしまっているはずです。変化を極端に恐れて行動しない人は絶滅危惧種と言っても過言でもないかもしれません。

変化に対応できたもの、必要とされるもの、存在出来るように適応できたものだけが存在しているはず。

 

 

複業は選び方でリスクの少ないものも多くあります。

自分のできる範囲で本業以外のスキルを身につけ、社会で楽しく暮らす努力をするようにしましょう!

 

そうすれば本業の仕事もより楽しくなるだけでなく、社会的な安定性を手に入れることができるはずです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA